MarkeZine(マーケジン)

記事種別

配信と選別でバナーを淘汰、生き残ったバナー広告のみが配信される「勝ちバナー」

2010/06/07 13:35

 「勝ちバナー」では、クライアントのバナー広告に合ったバナーを30~60本ほど用意し、NIKKOのネットワーク型広告を用いて、様々なメディアや時間帯でランダムに配信。一定の配信期間に露出効果の高いバナーを自動選別して優先掲載を繰り返してバナーの淘汰を行う。

 「勝ちバナー」で配信される大量のバナー広告はGMOクリエイターズネットワークが運営するクリエイター登録サイト「WEBの達人」に登録しているクリエイターが制作し、NIKKOが販売する。

 バナー30本を制作する「プラン30」は30万円、バナー60本を制作する「プラン50」は50万円。いずれも、オプティマイズ配信とバナー別CTRレポートを含む。また、別途「VCMネットワーク」の媒体費が必要になる(30万円から)。

【関連記事】
マンガでバナー広告を描いて投稿する「漫画アド」、1000作品を突破
行政もWebを収入源に、47都道府県の9割がバナー広告を導入
NIKKO、複数アドネットワークを一元管理するネットワーク型広告を展開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5