MarkeZine(マーケジン)

記事種別

アジア太平洋地域のリーチ1位はグーグル
中国ではTencentが滞在時間、閲覧ページ数で圧倒

2010/07/12 12:50

 アジア太平洋地域における5月の総ユニークビジター数は4億9277万人で、Googleはその約55%にあたる2億7000万人を獲得。ランキングのトップ3は、「Google」「Microsoft」「Yahoo!」と米国勢が独占した。しかし、4位「Baidu.com」、5位「Tencent」、6位「SINA Corporation」、7位「Alibaba.com」、8位「Sohu.com」と中国勢が躍進しており、9位に「Facebook.com」が登場している。

 中国勢のなかでもポータルサイトを運営する「Tencent」は訪問者の1か月間の滞在時間が6.5時間と最も多く、1ユーザーあたりの閲覧ページ数も、Googleは171ページ、Facebookが318ページなのに対して、716ページと群を抜いている。

2010年5月
市場別・ユニークビジターリーチ1位のサイト

 各市場でリーチ1位となったサイトをまとめたのが上の表だ。アジア太平洋地域全体では、インド、インドネシア、マレーシア、シンガポール、ベトナムで利用されている「Google」がトップ。「Yahoo!」は香港、日本、台湾で90%前後の訪問者を獲得し、マイクロソフトはオーストラリアにおいて、93%という圧倒的なリーチをもっている。また、中国ではTencent、韓国ではNHNがトップ。Facebookはフィリピンでは約93%のネットユーザーにリーチしている。 

【関連記事】
Facebookがアジア・太平洋地域の8市場でリーチ1位 伸び悩む日本のSNS人気
ヤフー、中国最大の小売業者「タオバオ」と提携
東南アジアのスマートフォンOSシェアでiPhoneがAndroidを圧倒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5