MarkeZine(マーケジン)

記事種別

オプト、オーディエンスデータを共通化する
日本初の「オープンデータプラットフォーム構想」を発表

2010/07/21 11:05

 「オープンデータプラットフォーム(OpenDPF)構想」では、各サイトが独自に持っているオーディエンスデータを共通化し、インターネット上の膨大なオーディエンスのマーケティングデータを、横断したオープンデータとして活用可能にする。これによって、インターネット広告を「広告枠(スペース)」だけではなく、「利用者(オーディエンス)」で捉えるという発想を実現し、最適なユーザーに最適な広告を提供することが可能となる。 

OpenDPF構想では、パートナーと連携してオーディエンスデータを共通化することで
広告主はオープンなプラットフォームとして活用することができる

 今回オプトは、この構想に則った広告商品の第一弾として、「プレミアムオーディエンスターゲティング」の取り扱いをスタート。カテゴライズされたプレミアムサイト(マーキングパートナー)でCookie を付与することによりオーディエンスの行動を認識し、そのオーディエンスが媒体(配信パートナー)に来訪した際に最適な広告をターゲティング配信する。これによって、明確なターゲットのみへの広告配信を実現し、高い訴求力が期待できる。

【関連記事】
オプト、社員のiPad購入に補助金支給
cci、米オーディエンス・サイエンス社とターゲティングプラットフォームのライセンス契約
デジタルガレージ、ツイッター携帯版で8月から広告販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5