SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オプト、オーディエンスデータを共通化する
日本初の「オープンデータプラットフォーム構想」を発表

 「オープンデータプラットフォーム(OpenDPF)構想」では、各サイトが独自に持っているオーディエンスデータを共通化し、インターネット上の膨大なオーディエンスのマーケティングデータを、横断したオープンデータとして活用可能にする。これによって、インターネット広告を「広告枠(スペース)」だけではなく、「利用者(オーディエンス)」で捉えるという発想を実現し、最適なユーザーに最適な広告を提供することが可能となる。 

OpenDPF構想では、パートナーと連携してオーディエンスデータを共通化することで
広告主はオープンなプラットフォームとして活用することができる

 今回オプトは、この構想に則った広告商品の第一弾として、「プレミアムオーディエンスターゲティング」の取り扱いをスタート。カテゴライズされたプレミアムサイト(マーキングパートナー)でCookie を付与することによりオーディエンスの行動を認識し、そのオーディエンスが媒体(配信パートナー)に来訪した際に最適な広告をターゲティング配信する。これによって、明確なターゲットのみへの広告配信を実現し、高い訴求力が期待できる。

【関連記事】
オプト、社員のiPad購入に補助金支給
cci、米オーディエンス・サイエンス社とターゲティングプラットフォームのライセンス契約
デジタルガレージ、ツイッター携帯版で8月から広告販売

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング