SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2015年にはグーグルとアップルの2強で
国内スマートフォンOSシェア8割

 シード・プランニングは、成長を続けるスマートフォン/iPad(タブレット型)市場の販売、回線契約、搭載OSなどの動向調査を5月から8月にかけて行い、その結果を発表した。

 スマートフォンは2009年度に約240万台販売され、前年対比214%に伸長。このうち、iPhoneが170万台で国内市場シェア71%に達しており、2010年度は約440万台、2015年度には2,200万台へと増加が予想される。これによって国内の携帯電話契約数に占めるスマートフォン/iPad(タブレット型)の割合は、2009年度末の3.4%から、2015年度には39%に拡大し、約4割になると予測される。  

国内の携帯電話契約数に占めるスマートフォン/iPad(タブレット型)の割合予測

 搭載OSで見ると、2009年現在、AppleのiPhoneが63.8%、グーグルのAndroidが4%だが、2015年度には、Androidが47.3%、iPhoneが36.9%、Windows Mobileが13.5%となり、GoogleとAppleの2強で約82%を占めると予測される。

国内の携帯電話契約数に占めるスマートフォン/iPad(タブレット型)の搭載されるOSの予測

【関連記事】
米スマートフォン市場、AndroidがiPhoneを抜いて2位に
携帯電話で十分、20代に多い「スマートフォン不要論」
iPad所有者の7割が「寝る前に使う」、主婦にも人気

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/09/10 11:15 https://markezine.jp/article/detail/11629

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング