SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

タグでニュースを自動分類、これからのニュースサイトのかたちが見える「mediajam」プレオープン

 5月16日にプレオープンした「mediajam(メディアジャム)」は、優良なニュースサイトを巡回して、タグでニュースを自動分類している。従来のニュースサイトのように、「社会」「政治」「スポーツ」といったカッチリしたカテゴリ分けによってニュースを見せるのではなく、記事に含まれるキーワードにタグをつけることによって、情報の間にゆるい結合を生みだし、ユーザーはタグ検索で関心のある情報をまとめて探すことができる。また、会員登録すると、ニュースにコメントをつけることができる。

「mediajam」のトップページ。一見したところ、普通のニュースサイトのようだが?

 トップページを一見したところスッキリ整理されているが、普通のニュースサイトのようにしか見えないだろう。「タグを使ってニュースを自動分類」というものの、トップページにはタグクラウドすらない。しかしよく見ると、記事のまわりにボタン表示されたタグが、いくつかそっと配置されている。ページの上部を見てみると、検索窓の横に「タグ検索」と「全文検索」の2つのオプションが用意されている。ここで気になるキーワードを入力して「タグ検索」を選択すると、そのキーワードを含んだニュースが表示される。

「ライフ」でタグ検索すると、9つの関連するタグが表示された。
「メディアジャム ブログ」では、「本日のタグランキング」を見ることができる。

 「mediajam」は、従来のニュースサイトと同じように、カテゴリやジャンル別にニュースを閲覧するための構造を持ちながら、記事のまわりに置かれたタグボタンや「タグ検索」によって、カテゴリを越えて関連ニュースにアクセスすることができる。また、すべてタグごとに、RSSフィード(更新情報)の配信があるのもうれしい。ユーザーがタグを自由につけられる機能があっても、おもしろいだろう。この「タグ」という小さなラベルによって、膨大な情報にアクセスするための方法は、これからますます洗練されていくだろう。

    「mediajam」は、神奈川新聞社とミツエーリンクスが出資している合同会社メディアジャムが運営している。巡回しているソースメディアは現在およそ70サイト。今後は、自薦・他薦を含め、対象サイトを順次増やしていくことも検討しているという。

「【mediajam】祝!プレオープン 】」(メディアジャムブログ)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/26 18:03 https://markezine.jp/article/detail/1193

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング