MarkeZine(マーケジン)

記事種別

グーグル、AdWords APIの新バージョンをリリース
レポート機能が正式版に

2010/10/05 12:20

 AdWords APIの新バージョン(v201008)では、主なものだけでも10以上の新機能を実装している。この正式版となったレポート機能では、ReportDefinitionServiceを利用して、必要なレポート項目を指定するとユニークな IDが発行される。REST形式のURLにそのIDを指定してレポートをダウンロードする。また、トラフィックの見積もり機能は、v13で提供していたTrafficEstimatorServiceの新バージョンだ。

 今回、TrafficEstimatorServiceとReportDefinitionServiceがv201008にてリリースされたことによって、v13の同機能は数か月後にサービスを終了するとしており、現時点では2011年前半中になる見通し。

 リマーケティング機能では、 リマーケティングに関する操作がAdWords API経由でも可能となった。現時点では、新規にリマーケティング タグを発行する場合にのみUserListService経由でリマーケティング リスト (ユーザー層) を追加することが可能で、既存のコンバージョン タグを利用してリマーケティング リストを作成する機能は次回のバージョンにて対応する。

 AdWordsキャンペーン エクスペリメント機能は、AdWordsキャンペーンをA/Bテストする機能で、既存キャンペーンの設定を残しつつ、広告の表示機会の何割かを新しいキャンペーン設定でテストすることができる。また、入札単価シミュレーションのデータをAPI 経由で得る機能の追加や拡張CPCへの対応も行われている。

【関連記事】
AdWordsの利用支援企業向けサポートプログラム「Googleオープンビジネスパートナー」
グーグル、AdWordsのテキスト広告の文字数を増量
Google、iPadをAdWords広告の対象端末に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5