SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日本のIT投資は大丈夫?「世界のIT投資マインド・ランキング」21カ国中で日本が最下位

 ガートナー ジャパンは、世界21カ国の企業のIT投資に関して調査・分析を行い、7つの共通指標による「国別IT投資マインド・ランキング」として、5月17日に発表した。総合ランキングのトップに輝いたのは、7つの指標中3つでトップを獲得したインド。日本はなんと最下位という厳しい評価を受けた。

国別IT投資マインド総合ランキング (カッコ内の数字は総合得点)
 1位 インド (100)
 2位 シンガポール (82)
 3位 スペイン・ポルトガル (74)
 4位 マレーシア (71)
 5位 オーストラリア (68)
 6位 中国 (67)
 7位 フランス (64)
 8位 韓国 (60)
 8位 米国 (60)
10位 北欧4カ国(デンマーク・フィンランド・スウェーデン・ノルウェイ) (58)
11位 ドイツ (51)
12位 英国 (49)
13位 カナダ (47)
14位 オランダ・ベルギー (45)
15位 イタリア (43)
16位 日本 (13)

 ガートナーが行ったIT投資マインド調査では、IT基盤の先進性に加え、今後のIT投資に対する姿勢を把握する上で重要と考えられる以下の7つの共通指標を採用している。

・2007年度のIT投資増加率
・IT予算の対年商比率
・CIOを設置している比率
・経営陣がITの重要性を十分理解している比率
・攻めのIT投資(競争優位の獲得を目的としたIT投資)
・守りのIT投資(業務プロセスの改善を目的としたIT投資)
・新規技術への投資の積極性

 総合ランキング最下位の日本は、7つの指標中4つで最下位、2つが最下位より2番目だった。ITインフラ整備が進んでいる先進国群(G7諸国)はおおむね下位にあるが、日本は7つの指標中4つで最下位になり、総合でも最下位となった。調査を行ったガートナーは、日本が行ってきたIT投資の実績を考慮に入れても、日本のIT投資に問題点があることは否めないとして、5年後に果たして日本がIT先進国でいられるかどうかわからないと疑問を投げかけている。

プレスリリース:「世界のIT投資マインド、1位インド、日本最下位」(PDF)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/26 18:01 https://markezine.jp/article/detail/1199

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング