SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Amazon.comが、DRMフリーのMP3を提供するオンライン・ミュージック・ストア構想を発表

 Amazon.comは、2007年後半にDRMフリーのMP3ファイルを扱うオンライン・ミュージック・ストアをオープンすることを明らかにした。これによって、12,000以上のレコードレーベルから、何百万もの楽曲やアルバムが、コピー制限なしの状態で提供されることになるという。ユーザーは、再生するマシンを限定されることなく、何台でも自由にファイルをコピーして再生したり、CDに焼くことができるようになる。

 今年の4月には、大手レコード会社としてはじめて、英EMIが所属アーティストの楽曲をDRMフリーで配信することを発表して話題になったが、今回のAmazon.comの発表はそれに続く大きな動きとなった。Amazon.comのジェフ・ベゾスCEOは、EMIの協力を得て、コールドプレイ、ノラ・ジョーンズ、ジョス・ストーンといった人気アーティストの楽曲を提供すると発表しているが、そのほかの大手レコード会社の反応はまだ明らかになっていない。

プレスリリース:"Amazon.com to Launch DRM-Free MP3 Music Download Store with Songs and Albums from EMI Music and More Than 12,000 Other Labels"
参考:「EMIがAppleとともにDRMフリーで全楽曲配信を発表、違法コピーを懸念する声も」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング