SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ロックオン、実践的な効果測定システム「EBiS」のAPIを提供開始

 株式会社ロックオンは、5月24日、eマーケティング効果測定システム「EBiS(エビス)」のAPIベータ版の提供を開始したと発表した。効果測定サービスとしては日本初(当社調べ)の提供となる。

 これまでの効果測定システムは、特定のWebページが読み込まれたことを、成果と見なしてきた。しかし、考えてみると企業にとっての成果とは、ページの読み込みではなく、企業にもたらされた利益で判定されるべきだ。いくらWebページが読まれても利益に結びつかなければ効果があるとはいえない。こうしたことから、実際一部の先進的な企業は、すでに効果測定システムと顧客情報を連携したマーケティング活動を独自に構築している。

 最終的に成果といえるのは、例えばクレジットカードの申込者獲得を目的としたマーケティング活動においては、資料請求完了ページの読み込みではなく、捺印された申込書が返送された時点だろう。また健康食品のECサイトにおいては、サンプル請求完了ページの読み込みではなく、1年後にも継続して購入いただけるようなリピート顧客獲得だ。

 前書きが長くなったが、ロックオンが、eマーケティング効果測定システムEBiSに蓄積されたデータを外部システムから利用することが可能となるEBiS-APIサービスを提供することにいたったのは、このような背景があったからだという。このサービスにより、企業はCRMシステムなど、企業にとっての本来の成果が蓄積された独自のシステムと、EBiSが蓄積するeマーケティング効果測定データをより有効に利用することができ、低価格で、高度なマーケティングの実現が可能だという。

EBiSオフィシャルサイトはこちら
プレスリリース:「株式会社ロックオン eマーケティング効果測定システム『EBiS』のAPIを提供開始」(PDF)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング