SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

9月の企業ウェブサイトパフォーマンスランキング
銀行サイトが3指標すべてでトップに

 日本コンピュウェアは、同社が独自に選定した6業種におけるリーダー企業のウェブサイトパフォーマンスを測定・比較し、9月の上位ランキングを発表した。測定結果によると、各業界のレスポンスタイムの平均時間は、1.2秒から3.0秒の間に分布しており、銀行(大手銀行およびネット銀行)が最も速くなっている。6業種すべての企業の中で最もレスポンスタイムが速かったのは「スカイマークエアラインズ」で0.33秒。

6業種のレスポンスタイム上位ランキングのうち、左から、
小売(ネット関連(Eコマース))、銀行(大手銀行およびネット銀行)、トラベル(オンラインチケット)

 また、各業界の可用性は、98.79%から100%の間に分布しており、最も可用性が低かったのは「小売 - ネット関連(E-コマース)」で、前回より低下し98.79%となった。

 日本コンピュウェアによると、「今月は計測指標(レスポンスタイム、可用性、均一性)のすべてにおいて銀行サイトがトップ。また、他業界よりレスポンスタイムが遅い傾向にあるネット証券は、ここ3か月については継続的に改善傾向にある」としている。

【関連記事】
7月のレスポンスランキング1位は「旅行チケット販売」
博報堂・DACら4社、企業サイトを広告メディア化するコンサルティングサービス
朝日広告社、国内初「Attribution Management (貢献度評価)」をテスト実施

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/11/04 12:25 https://markezine.jp/article/detail/12327

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング