SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第73号(2022年1月号)
特集「2022年の消費者インサイト」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

KDDIとコロプラ、「位置ゲー」サービスで提携

 両社は、ゲームを開発するコンテンツプロバイダー向けに、位置情報を活用したゲーム(位置ゲー)専用のプラットフォーム「au one コロプラ +」を構築して11日から提供をスタート。また、このプラットフォームを活用したゲームの提供を携帯電話向けに11日から、Androidスマートフォン向けに11月下旬から開始する。

 このプラットフォームは複数の位置ゲーを横断するかたちで利用者の情報を管理し、位置情報を複数のゲームサイトに一括して送信する機能を提供するほか、アイテム購入などに使うコインを共通で利用することができる。また、旅行業者などと連携し、「位置ゲー」とのコラボーレーションで、その場所でしか手に入れられないアイテムやイベントの企画、広告の掲載などを通じて、ゲームを提供するコンテンツプロバイダーに収益手段を提供する。

 また、専用ポータル「au one コロプラ +」では、「キャリー・ストーリー」「コロパズ」「コロニーな生活☆PLUS」の3つのゲームを提供(いずれも提供はコロプラ)。このほかにも、コンテンツプロバイダーが提供するゲームについても、来年1月以降提供を開始する。

 コロプラは2005年に、位置ゲーの草分けともいえるゲーム「コロニーな生活☆PLUS」を開始し、現在会員数は20~40代を中心に150万人を超える人気を博している。

【関連記事】
ケータイ国盗り合戦」と「コロプラ」開発者が語る「位置ゲー」の世界
位置ゲー「コロプラ」がリアルな旅行と連動、JTBが「コロ旅」発売
「ケータイ国盗り合戦」会員数25万人突破

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/11/11 11:30 https://markezine.jp/article/detail/12422

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング