SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ツイッターでのリーチで「piku」が「グルーポン」を上回る

 調査は、事前調査をもとに、ツイッター上での発言数が多かった、グルーポン(日本のみ)、piku、ポンパレ、CooPa、カウポンの5サービスを対象に10月下旬に行われた。

 調査対象期間では、各サービスともツイッター上の発言数に大きな違いはみられなかったが、リーチ数(キーワード条件の発言者と、その発言者のユニークフォロワー数)ではpikuが49%と最も多くなっている。発言アカウントでは、歌手の広瀬香美さん(@kohmi)が発言し、pikuのリーチ数に大きな影響を与えていた。

リーチ数

 グルーポンは、リーチ数に比べ露出数(tGRP:対象キーワードを含む発言が、延べ何ユーザーに届いているかを表す、テレビのGRP(延べ視聴率)に相当する指標)の割合が多い。これは、1ユーザーが複数のグルーポン関連の発言をしているアカウントをフォローしているためと考えられる。したがって、他サービスに比べ、グルーポンに関わる発言に関心が高いユーザーが多く集まっている可能性がある。

露出数(tGRP)

 また、クーポン系のサービスにおいては、ユーザーのクチコミによる情報拡散ではなく、クーポン情報まとめサイトやサービスの公式アカウントなどが、情報の拡散において重要な役割を担っていることが明らかになった。

対象期間中の影響力ユーザの例(pikuの場合)

 少なくとも今回の調査期間内では、すべてのサービスに対し、影響力の高いユーザー上位20位以内の半分以上のアカウントは、クーポン情報をツイートするまとめサイトなどのアカウントであり、宣伝目的のアカウントが多くのリーチ数を獲得。クーポン系のサービスでは、ツイッターにおけるユーザーのクチコミによる情報拡散ではなく、クーポンまとめサイトなどのアカウントが、情報の拡散における重要な役割を担っている。

【関連記事】
ファミリーマート、クーポン発券サービス開始、第一弾は「Piku」と連携
グーグル、グルーポン社に買収交渉
まとめ情報サイト「グルーポンなう」がリニューアル、会員登録でポイント付与

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/12/06 11:10 https://markezine.jp/article/detail/12748

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング