SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

今年グーグルで最も検索されたのは「YouTube」、「Facebook」は3位に

 2010年を通じて検索ボリュームの最も多かったキーワードをまとめた総合ランキングで1位となったのは「YouTube」で、昨年1位の「Yahoo」は2位に後退。3位には「Facebook」が入り、「Twitter」は8位にランクインしている。昨年に比べて検索ボリュームが急増した検索ワードをリストアップする「急上昇ワードランキング」では、1位「iPad」、2位「Xperia」、3位「楽天銀行」で、今年登場した話題のモバイル製品が1位と2位を占めている。

 2010年のニューストップ10では、「ワールドカップ」が1位となり、日本中が帰還に感動した「はやぶさ」が2位、来年完成予定の「スカイツリー」が3位となった。急上昇人物のリストでは、AKB48 のメンバーが数多くランクインしたほか、活躍したスポーツ選手の名前も上位に入っている。

 また、グーグルでおなじみの「○○とは?」検索のランキングでは、1位「Ustreamとは」、2位「ブブゼラとは」、3位「ノーサイドとは」が続いている。このほかにも、映画部門、テクノロジー部門に加えて、レシピ検索機能で検索された人気の材料や料理のランキングなども公開されている。

【関連記事】
ヤフー「2010検索ワードランキング」、PCで最も検索されたのは3年連続「YouTube」
最も利用頻度の高いソーシャルメディアは「YouTube」全年代の70%が利用
Facebookとmixi、アカウント連携をスタート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/12/13 11:01 https://markezine.jp/article/detail/12826

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング