SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

グルーポン系サービス認知度、日本が最下位
【日中韓 3か国調査】

 リサーチパネルエイジアは、割引や特典がついたクーポンを、短時間の期間限定・枚数限定で販売する「フラッシュマーケティングサービス」に関する調査を、日本、中国、韓国で行った。調査は11月に行われ、3か国の20代から30代の男女から900サンプルを回収した。

 日本でも「グルーポン」をはじめとしたフラッシュマーケティングサービスが次々と登場しているが、サービスの認知度が最も高かったのは中国(65.7%)で、日本は最も低い37.7%となっている。サービスの利用経験は認知度と比例しており、中国(39.3%)、韓国(29.3%)、日本(18.0%)。利用経験者が最も多かったのは「中国男性」で41.3%に達している。

今後、フラッシュマーケティングサービスを利用したいと思うか
該当数:全体900人(日本300人、中国300人、韓国300人)

 サービスを利用したい時間帯は、いずれも夜(18:00~24:00)が約50%を占めている。これは、プライベートでインターネットを利用する時間帯が、日本では「夜」、中国では、「夜」に続いて「午前中から昼」、韓国では「昼から夕方にかけて」が多いことが影響しているようだ。

 また、フラッシュマーケティングサービスを利用したくない理由は、3か国ともに「手続きが面倒」が最多となっており、「成立しない可能性がある」が続いている。また、お得さを感じる割引率は3か国ともに40%前後だが、平均を国別で見ると日本が44.9%で最も高くなっている。

【関連記事】
KDDIとグルーポン、携帯向けにクーポン提供
ツイッターでのリーチで「piku」が「グルーポン」を上回る
ツイッターの投稿数で電子書籍の割引価格が決まる 「ブックーポン」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/12/16 14:10 https://markezine.jp/article/detail/12879

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング