SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

デコれないツイッターは「カワイくない」【高校生のツイッター&スマートフォンについての意識調査】

高校生、デコれないツイッターは「カワイくない」

 リクルートは、6月から9月にかけて、進学情報サイト「リクルート進学ネット」の利用者を対象に調査を行い、高校生780名から有効回答を得た。ツイッターの認知度については、「知っているけど、使ったことはない」という回答がもっとも多く(74.4%)、「知らない」が11.2%。「使っている」という回答は13%だった。

 リクルートはこの結果について、高校生は、もともとメールでもブログでも数十文字しか書かない文化であり、気持ちを伝えるのは文章ではなくデコメや顔文字。彼らからすれば、ツイッターは「何が新しいの?」という感覚であるとともに、逆に、デコれないツイッターは「カワイくない」「見づらい」という評価になっていると分析している。

 また、高校生のネット利用は携帯経由が圧倒的となっており、現状では、ツイッターは18歳未満の契約者の端末からはアクセスできない制限がかかっていることも、ツイッター利用者が増えない一因となっているようだ。

同級生と同じことができないスマートフォンには興味なし?

 また、スマートフォン所有者は高校生全体の6.7%。「持っておらず、興味はあるが購入はしないと思う」は4割を占め、「持っていないし興味もまったくない」と答えた人も3割以上にのぼった。調査データからは、高校生は、「(購入金額が)高い」といった金銭的な要因以上に、携帯サイトやデコメなどの「今使っている機能が使えなくなる」=「仲間と同じことができなくなる」ということが気になっている様子がうかがえる。

 しかし、現状のガラケー(ガラパゴス携帯)の機能を維持したスマートフォン端末の発売も増えていることから、リクルートは今後価格が下がってきたときには、一斉に乗り換える可能性は十分あると指摘している。

【関連記事】
DeNA、モバゲータウンをスマートフォン展開
大学生の9割がmixiを利用、ツイッター利用は2割強
高校生が不安に思うこと1位は「大学受験」より「就職」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング