SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Yahoo!の「ネタりか」、みんな使ってる?

 この1週間で読まれた「MarkeZineニュース」のベスト5は次のニュースだった。

 ■MarkeZineニュース 週間ランキング(6月8日~15日)

第1位 ヤフーが話題を集めた新しい新ニュースサイト「ネタりか」を公開
ヤフーが、芸能やアニメ関連のニュース、国内外のめずらしい出来事などエンターテインメント性の高い話題を集めた新しいニュースサイト「ネタりか」(ベータ版)を6月7日に公開した。

第2位 アイレップなどが「Yahoo!、Googleの画面上の目線の動き」を発表
株式会社アイレップSEM総合研究所とジャパンマーケットインテリジェンス株式会社は消費者の検索エンジン利用実態についてWeb Eye手法によるアイ・トラッキング調査を共同で実施した。

第3位 H.I.S.が旅行業界で初めてセカンドライフに進出 サイバーエージェントとアドプレインが支援
サイバーエージェントと子会社のアドプレインは、H.I.S.の「Second Life(セカンドライフ)」進出支援を行い、仮想世界内サービスの「H.I.S. 旅SL(タビスル)」を6月13日より展開すると発表した。

第4位 ニフティのはみ出し企画「ニフニフ動画β版」スタート
ニフティが、これまでのニフティとは一味違う新サービスをスタートさせた。そのネーミングからして、ニフティとしては「かなりはみだしてるな」と感じる人も多いはず…

第5位 エルネット、「宅ふぁいる便モバイル」でモバイルネット広告市場に参入
会員数86万を誇る国内最大級のファイル転送サービス「宅ふぁいる便」が、携帯向けのサービスを強化。パソコン向けサービスの中でつちかってきたネット広告による収益モデルを、モバイルサービスにおいても展開していくことになった。


第1位として注目が集まったのは、ヤフーの新ニュースサイト「ネタりか」だった。このサイトには芸能、追跡、ガジェット、アニメ、びっくり、コラムの6つのジャンル別にニュースが集められている。特徴的なサービス機能はマーカーツール。蛍光ペンで線を引くように、記事本文にマークができる。Yahoo! JAPAN IDでログイン後、5色のなかからマーカーの色を選択して記事本文をドラッグするとマークできる。ニュースに「お客様参加型機能」を追加するという試みだが、サービ開始一週間で利用者はどのくらい増えたのだろうか。ちなみに6月15日、10時の時点で、「マーク数」が一番多かったのが「メガマックの兄弟分 メガてりやきが話題に」という記事。マークした人は10人だった。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/09/12 18:08 https://markezine.jp/article/detail/1323

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング