SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スーパーボウル中継時に最もツイートされたCM6位に「グルーポン」

 2月6日に米国で行われたスーパーボウルは、スティーラーズとパッカーズという古豪どうしの対戦となり、パッカーズが勝利をおさめた。このビッグイベントの中継は1億6290万人という史上最高の視聴者を獲得したが、この試合を見ていた人たちが投稿したツイート数も、スポーツイベントにおいて過去最高の秒間ツイート(TPS)を記録。ファンは1秒間に平均4064ツイートを投稿していた。

 スーパーボウルの呼び物のひとつである華やかな「ハーフタイムショー」には、今年は人気ヒップホップグループ「ブラック・アイド・ピーズ」が出演した。そのショーの最中に、男性歌手のアッシャー(Usher)が登場したとき、この試合を通じて2番目に大きな秒間ツイートが記録され、スーパーボウル中に最も多く言及された人物は「Usher」となった。

 スーパーボウルのもう一つの目玉であるテレビCMについてのツイートでは、Doritosの「Pug Attack」が1位となり、AudiとPepsiは僅差で2位、3位にランクインされ、その後、Chevy、Coca-Cola、Grouponが続いた。

 スーパーボウルのCM枠は非常に高額なため、「スーパーボウルでCMを流すこと」は、企業経営者にとって夢のひとつでもある。2010年には、グーグルがはじめてCMを放映し、シュミットCEOがツイッターで予告した。2008年にサービスを開始したばかりの共同購入型クーポンサービス「グルーポン」は、そうそうたる世界の大企業と肩を並べて、早くも夢を実現してしまった。しかし、チベットを舞台にしたそのCMの内容が物議をかもし、グルーポンは釈明を余儀なくされた。日本では「おせち騒動」にゆれたグルーポン、スーパーボウルでの苦いデビューとなったようだ。

【関連記事】
シュミットCEOのツイッターでの予告どおり、GoogleがスーパーボウルでCMを初放映
あけおめツイートで、日本のユーザーが新記録
「おせち騒動」グルーポン、売上は前月比21%減

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/02/10 13:25 https://markezine.jp/article/detail/13360

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング