SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

携帯ユーザーの年代は右肩上がり、スマートフォンは25~34歳が突出

 アウンコンサルティングは、コムスコアが提供する携帯電話に関する調査データをもとに、国内のスマートフォンと従来型携帯電話の利用状況を分析した。2010年12月の時点では、スマートフォンのユーザー数は従来型携帯電話のユーザー数の1割に満たない状況となっている。 

従来型携帯電話ユーザー数比較
※出典はいずれも、コムスコア/モビレンズ(Mobilens)2010年12月

 しかし、過去3か月間の推移を比較するとスマートフォンのユーザー数は22%増加している一方、従来型携帯電話のユーザー数はほぼ横ばいとなっている。

   また、携帯ユーザーの年代を見ると、従来型携帯電話に占める各年代の割合は年代が上がるにつれて右肩上がりになっている一方で、スマートフォンユーザーに占める年代別割合は25~34歳、および35~44歳のユーザーの割合が突出しており、ビジネスマン世代にユーザーが集中していることがうかがえる結果となった。 

スマートフォン・従来型携帯電話 年代別ユーザー数比較

 今後も成長が見込まれるスマートフォンは、現時点では25~44歳の利用が集中している。しかし、東京圏などでは、就職活動中の大学生を中心に若年層にも普及している様子がうかがえることから、今後こういった流れが日本全国に波及することも考えられる。

【関連記事】
ペイパル、スマートフォン向け決済サービスを国内展開
Androidユーザーは、iPhoneユーザーよりも アプリ内広告にポジティブ
Evernoteユーザー数、1年間で200万人から600万人に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/02/24 12:30 https://markezine.jp/article/detail/13428

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング