MarkeZine(マーケジン)

記事種別

電通、ドイツでの事業再編

2011/03/25 10:45

 電通は、昨年6月に、株式の60%を保有していた「カイエン・ドイツ社」を完全子会社化するとともに、今年1月にはドイツの独立系デジタル・エージェンシーである「ソーシャル・シンカーズ社」を買収。今回の事業再編では、「カイエン・ドイツ社」を「電通デュッセルドルフ」に社名変更すると同時に、「ソーシャル・シンカーズ社」を「電通デュッセルドルフ」に統合し、同社をデジタル領域を含む総合広告会社とする。

 電通デュッセルドルフは今後、電通が日本で開発したスマートフォン向けのARアプリケーション「iButterfly」や「Scan it」などをドイツの広告主向けに提供する。 

【関連記事】
ミクシィ、ドイツ最大のSNSとプラットフォーム共通化で合意
NTTソルマーレ、ドイツ、オーストリア、スイスで日本のコミックを配信
電通、欧米の事業を管轄する新組織「電通ネットワーク・ウエスト」発足

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5