SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

中小企業が進出したい候補地ベスト3は
「中国・ASEAN・米国」

 未来予想は今年の4月から5月にかけて、20代から70代の中小企業経営者を対象に「海外進出」についての調査を行い、501件の回答を得た。回答者のうち、すでに22%が海外進出しており、10%が3年以内、8%が1年以内に海外進出を検討している。海外進出する理由としては「成長に必要な巨大なマーケットの存在」「海外の有力なパートナーとの提携」など前向きな理由が多い一方で、「日本の市場規模が縮小均衡」「日本の競争環境が激化」といった国内情勢を理由とする回答も見られた。

海外進出の候補地域

 海外進出候補地としては「中国」が31%と最も多く、「ASEAN」「米国」と続く。今後、大きな成長が期待されているインド、アフリカ、南米への進出を検討する企業はまだ少数派だ。すでに進出している企業の進出先としては「タイ」が最も多く、「ベトナム」「シンガポール」が続いているが、今後、ASEANへ進出したい経営者の考える候補国では「シンガポール」が55%と飛びぬけて高く、2位の「タイ」を大きく引き離している。

【関連記事】
ZOZOTOWN、グローバルサイトオープン
アジアにおけるアマゾンの利用者比率は日本が突出
フェイスブック、日本でのリーチが2倍以上に急成長

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング