SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Googleで書籍を無料宣伝しませんか? 「Googleブック検索」スタート

 Googleは、書籍検索サービス「Google ブック検索」(ベータ版)の提供を7月5日にスタートした。ウェブ検索と同様に、キーワードを含む書籍を見つけてその内容をさらに検索することができるが、印刷・コピー・ダウンロードは不可となっている。

 書籍の内容を表示するページには「この本を購入」リンクも用意され、オンライン書店や出版社のサイトから書籍を購入することもできる。また、書籍内容を表示するページにはGoogle AdWordsが組み込まれ、ユーザーが広告をクリックすると出版社にも広告収入が支払われる。

中国語や英語の書籍もヒットする。現時点では、まだ国内の出版社の参加は少ないようだ。

 書籍内容の表示は「全文表示」、「部分プレビュー(数ページのみ表示)」、「スニペット表示(検索語句前後の文章を抜粋表示)」の3パターン。内容が表示できないものは、書誌情報が表示される。「全文表示」は著作権の保護期間が切れている書籍や出版社から許可を得た書籍が対象となる。

 このサービスを書籍宣伝の場として活かしたい出版社は、「Google ブック パートナー プログラム」(無料)に参加し、Googleに書籍を送付すると、書籍内容がスキャンされインデックス化される。ウェブ上で公開されるのは総ページ数の一部(20%)のみだが、プロモーションのために公開ページ数を20%以上に上げるなどの操作も可能。また、書籍を登録した出版社は管理画面で閲覧数や購入リンクのクリック数を確認することができる。 

プレスリリース:「Googleブック検索(ベータ版)の提供を開始」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/07/05 21:42 https://markezine.jp/article/detail/1413

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング