MarkeZine(マーケジン)

記事種別

マガストアがHTML5に対応、読者が「動かす」広告を可能に

2011/07/25 10:50

 電通とヤッパが運営する電子雑誌の有料配信サービス「マガストア」のビューアでは、これまでPDF形式で誌面を提供していたが、今回開発されたビューア拡張システム「SpinMedia Extensions」では、HTML5形式でページを表示することが可能になる。これによって、電子雑誌の広告が、単に「読む」だけではなく、読者が「動かす、参加する」ものに進化する。

 このシステムは、「マガストア」のiOS/Android用アプリを拡張するもので、「SpinMedia Extensions」に対応した広告コンテンツは、7月15日より配信を開始している「mina」8月号、「Pen」8月1日号の広告ページで実装されている。

【関連記事】
2010年度電子書籍市場は650億円、9割がケータイ向け
グーグルの電子書籍サービスが、iriver社の美しい電子書籍リーダーと融合
店舗でのヒマつぶしに、電子雑誌が無料で読める「すまほん。」
ソニー、電子書籍の「ドットブック形式」のサポート開始
電子雑誌のファイル形式、IT職は「MOBI(Kindle)」 出版関係者は「EPUB」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5