SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「大人のDSトレーニング」累計415万本、国内の歴代第7位のロングセラーに

 社団法人コンピュータエンターテインメント協会(以下、CESA)は、家庭用ゲーム産業の年次報告書『2007CESAゲーム白書(2007CESA Games White Paper)』を発刊し、2006年の国内ミリオン出荷タイトル全8タイトルを発表した。その結果、2005年末に発売開始した「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」(NDS)は国内歴代第7位になったことがわかった。

 2006年に家庭用ゲームソフト出荷実績のあったメーカーを対象に、2006年に発売された作品のうち100万本以上の出荷があったタイトルを調査したところ、全8タイトルにのぼった。このうち最も多く出荷されたのは「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」(NDS)で、2006年12月31日までに517万本(国内歴代第3位)を出荷した。また、2005年末に発売された「東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」(NDS)が累計415万本のロングセラーとなり、国内の歴代第7位になった。

 また、CESAはこれまで発売された家庭用ゲーム機を対象に毎年累計出荷調査をまとめているが、2006年12月31日までに出荷されたモニター接続型ゲーム機では「プレイステーション2」が1億1536万台の出荷となり、昨年まで最多出荷を誇っていた「プレイステーション」を抜きトップとなった。PS3は苦戦中と報道されているが、PS2はハードウェア累計出荷がトップとなり、多くのユーザーに利用されてきたことをあらためて証明した。

プレスリリース:「2007CESAゲーム白書(2007CESA Games White Paper)」発刊!


この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/07/10 11:16 https://markezine.jp/article/detail/1431

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング