SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スマホゲーム市場、2015年には30倍の2550億円市場に
【シード・プランニング調べ】

 シード・プランニングは、国内関連事業者12社および海外(韓国)事業者2社へのヒアリングを行い、国内スマートフォンゲーム市場の調査を行った。その結果、2010年の国内スマートフォンゲーム市場は85億円と推計。2015年には2010年の30倍の2550億円に成長すると予想している。その要因としては、端末の普及、有力タイトルの展開のほか、ゲームプラットフォームの整備によるキャリア課金の拡大、広告ビジネスなどがあげられる。

国内スマートフォンゲーム市場規模の現状と今後2010年~2015年(単位:億円)
国内スマートフォンゲーム市場きぼの現状と今後2010年~2015年(単位:億円)

 一方、スマートフォンゲームユーザー500名(男女各250名)へのアンケート調査では、スマートフォンに買い換えてからゲーム機の利用が減少しており、約4割の人が、ゲーム機でのゲーム時間が減った、もしくは、やらなくなったと回答している。

 課金率は、スマートフォンゲームユーザー500人のうち18%。スマートフォンの利用歴と課金率を見ると、利用歴が長いほど課金率が高くなっている。また、月平均1000円以上の課金がある人は、スマートフォンゲーム課金ユーザーの42.2%に達している。

スマートフォン利用歴と課金率(単位:%、n=90)
スマートフォン利用歴と課金率(単位:%、n=90)
スマートフォンゲームの課金ユーザーの課金額/月(n=90)
スマートフォンゲームの課金ユーザーの課金額/月(n=90)

【関連記事】
モバゲー、タブレット端末にも対応
NHNグループ、国内のスマホアプリダウンロード数が1000万突破
ソーシャルメディアの課金収入、2年連続で200%成長
グリー、ゲーム開発ツール「Unity」を国内独占で無償配布
モバゲー、ド迫力3DゲームをiOS向けソーシャルゲームとして提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/09/09 12:26 https://markezine.jp/article/detail/14375

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング