SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

話題の書籍を紹介!

続きはWebで!で満足していませんか?マーケティングの新領域を切り開くバイブルが登場!

近日発売の『Webマーケティング成功の法則75』の一部公開! ブロードバンドとWebアプリケーションの普及以来、ユーザーの行動は日々めまぐるしく変化しています。そうした状況に対応すべく、自社ブランドやユーザー、そして競合他社の分析といった基礎的な考え方をじっくり解説し、さらにポストWeb2.0時代に対応した今すぐ使えるテクニックとアイディアを盛りだくさんに詰めこみました。マーケティングで差をつけたいWebディレクターやプロデューサーはもちろん、企業の広報・宣伝担当者も必読の1冊です!詳細はこちらから→Amazon/SEShop

はじめに~Webの進化は止まらない

 身の回りに待ち合わせに遅刻する人が多くなったと 感じませんか? 10年前と比べて確実に遅刻する人が増えましたし、また遅刻に対する罪悪感も希薄になっているように感じます。待ち合わせ場所で待っていると、携帯電話が鳴って「ちょっと遅れます」と待ち合わせ相手から連絡が入った経験は誰しも持っているはずです。あるいは逆に、「電車が遅延しているので、ちょっと遅れます」という連絡を携帯電話から入れた経験も大部分の人が持っているでしょう。

 いうまでもなく、これは携帯電話の普及と無縁ではありません。どんな状態でも簡単に連絡できる携帯電話の特性と、社会人であれば大抵所持している携帯電話の普及率の高さが、遅刻に関する意識の変化に繋がっていると推測できます。今となっては不思議な感じですが携帯電話がなかった時代は、「絶対に遅刻しないように予定を組む」「遅刻をしても大丈夫なように事前に代替手段を共有しておく」といった姿勢で臨んでいたのでしょう。それが携帯電話の普及により、人々の認識に変化が起きたのです。もちろん、物心ついた時には、携帯電話が普及していた若年層にとっては待ち合わせに対する認識自体が、根本的に異なっていることでしょう。つまり、新たな技術やサービスの出現により、人々の生活スタイルはおろか、倫理観や物事の捉え方さえもいともたやすく変わり得るのです。

 そしていったん起きた変化は元に戻ることはありません。今更携帯電話がない生活が考えられないように、一度市民権を得た機器やサービスは別の何かに取って代わられるまで進化の道を突き進みます。ドッグイヤーと言われ、進化のスピードが著しく早いWebにおいては尚更、トレンドは激しく移り変わります。ユーザーの行動パターンやリテラシー、マーケティング手法は常に流動的で同じところに留まっていません。Webマーケティングは、指の間をスルリと抜けて行ってしまうような掴み所のない存在ですが、この本では三部構成でこの手強い相手を攻略していきます。この本の内容に沿って怠けずにきちんとWebマーケティングと向き合ったときに自ずと結果がついてくるでしょう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
本書の構成~定番情報と最新トレンドが満載

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
話題の書籍を紹介!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/07/18 09:00 https://markezine.jp/article/detail/1440

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング