SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Second Life(セカンドライフ)日本語版ついに公開

 Second Life(以下、セカンドライフ)の日本語ベータ版の配布がついに開始された。以前から、日本語版サービスのスタート時期が噂されており、セカンドライフのホームページでも「日本語版、まもなく公開!」との情報が掲載されていたが、なかなか実現しなかった待望の日本語版がついに開始された。日本語ベータ版ではメニューが日本語化され、インストール作業時の画面表示も日本語で表示される。

ようやくリリースされた日本語版

 セカンドライフはさまざまなメディアで毎日ように取り上げられ、広告効果を期待した企業などの参入も盛んに行われているものの、肝心の日本人ユーザーは、現在10万人程度といわれており、話題先行の側面が強かった。しかし、セカンドライフの出店支援を行う電通が、7月10日に時事通信ホール(東京・東銀座)にて催された時事通信テクノロジーセミナー「爆発するソーシャルメディア 広報、広告、マーケティング業務はどう変わるのか」の中で、「現在10万人程度といわれている日本人ユーザーは、日本語版がスタートし、早期に100万人を突破した場合には、1年以内に1,000万人を超えることも現実味を帯びてくる」とセカンドライフの可能性に期待しているように、今回リリースされたセカンドライフ日本語版が国内ユーザーの爆発的増加を促進する可能性もある。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/07/02 16:53 https://markezine.jp/article/detail/1461

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング