SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第53号(2020年5月号)
特集「テレビ活用、その進化と真価」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

都市型シニア層に贈る、厳選されたグルメ情報サイト「WagaMaga 美食空間」

 ぐるなびが運営する「食」のトータルサイト「ぐるなび」は、日本経済新聞デジタルメディアが運営する「NIKKEI NET」の専門サイト「日経WagaMaga」と共同で、都市型のアクティブシニア層をターゲットにしたレストラン検索サイト「WagaMaga 美食空間」を7月11日から開始した。

 「WagaMaga美食空間」では、エリア別、設備・サービス別、シーン別などでレストラン情報を検索できるほか、料理記者歴50年の岸朝子、放送作家の小山薫堂、"美食の王様"来栖けいらが名を連ねる「ぐるなびプレミアム審査員団」が厳選した「WagaMagaプレミアムレストラン情報」などを公開。

 落ち着いた雰囲気の「WagaMaga美食空間」のトップページ。

 共同でこのサイトを運営する「日経WagaMaga」は、比較的裕福でアクティブな40~50代を主なターゲットとしており、一方の「ぐるなび」も、シニア向けサイト「ぐるなびシニア」や高級店サイト「ぐるなびプレミアム」を展開。「WagaMaga 美食空間」の開設によって、今まで以上に比較的裕福な中高年層のユーザーの獲得をねらう。

プレスリリース:「「ぐるなび」と「日経WagaMaga」が共同でアクティブシニア向けサイト『WagaMaga 美食空間』を開始」 (PDF)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング