MarkeZine(マーケジン)

記事種別

電通PR、「大学向けソーシャルメディアリスク対策プログラム」を開発

2012/01/13 11:50

 ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアを趣味や就職活動のために利用する大学生が増える一方で、不用意な発言から、結果として大学のレピュテーションを毀損する「炎上事例」が数多く発生している。

 電通パブリックリレーションズは、特に大学関係者および学生を対象に、ソーシャルメディアにおけるリスク予防と炎上対策に役立つプログラムを開発。学生向けハンドブックの作成、職員向け勉強会、ソーシャルメディアガイドラインの作成などのサービスをパッケージで提供する。

【関連記事】
昼食の時間を使ってマッチングする就職活動「ヒルカツ」
 フェイスブック利用率が最も高いのは国際基督教大学
リクルート、中国の大学生と日本企業をマッチングする「啓程日本」
自分の違法行為を「投稿できる」ソーシャルメディア炎上予備軍の存在
ソーシャルメディアの炎上事故を未然に防ぐ「リスク診断&eラーニング」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5