SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

進化するアドテクノロジー ― DSPを活用した次世代広告配信のすべて(PR)

「DSPをギロッポンに例えると…」業界キーマンが語る、DSPの可能性とマーケターの役割

 インターネット広告の市場において、数々の通販広告主のネット事業を大成功に導き、「レスポンスの魔術師」の異名を取る加藤公一レオ氏とマイクロアドプラス西山氏にDSPの可能性について、そしてマーケターの今後の役割についてをテーマに、語っていただきました!

今回お話を伺ったのは…
株式会社売れるネット広告社
加藤 公一レオ氏
1975年ブラジル・サンパウロ生まれ、アメリカ・ロサンゼルス育ち。三菱商事株式会社に入社。その後、Euro RSCG Tokyo、株式会社アサツーディ・ケイ(ADK)にて、一貫してインターネットビジネスを軸としたダイレクトレスポンスマーケティングに従事。現在は単品通販が数多く存在する九州において、インターネット広告ビジネスの総合プラニングおよびコンサルティング活動を行っている。その実践経験とノウハウをもとに、インターネット広告のレスポンスを確実にアップさせてしまうため、クライアント企業から「レスポンスの魔術師」との異名をとる。
株式会社マイクロアドプラス
西山 明紀
大学卒業後、ベンチャー企業にてWEBデザイナー、システム設計等に携わったのち、株式会社サイバーエージェントに入社。Amebaをはじめとした広告企画販売に従事。株式会社マイクロアドへ出向後は、セールスマネージャーとして大手総合広告代理店やインターネット専業代理店を担当する組織を牽引。2011年4月より、広告主にDSPをはじめとしたアドテクノロジーを提供・支援を行う株式会社マイクロアドプラスを設立。代表取締役社長に就任。

釣堀と海釣に例えると…

 MarkeZine編集部(以下、MZ)── 次世代ディスプレイ広告プラットフォームであるDSPについて、売れるネット広告社の加藤公一レオさんとDSPをリリースされているマイクロアドプラスの西山さんにお話しを伺っていきます。まずは、レオさんに質問ですが通販のプロマーケターから見て、DSPはどのようなソリューションとなりそうでしょうか。

 加藤公一レオ(以下、加藤):DSPについての話の前に、まずディスプレイ広告の話をさせてください。

 そもそも通販業界は、まだSEMやアフィリエイトが中心の世界です。これらの手法は、費用対効果として考えると効率が良いのですが、そもそも顧客が顕在化している市場なのでぶっちゃけアホでも採算が取れてしまいます。その代わり、接触できるユーザー数がものすごく少ない。

 それに対して、ここ2~3年で注目されているディスプレイ広告はリーチがとてつもなく広いですが、これまで効率的に利用されてきているとは言えません。

 SEMとアフィリエイトをあらかじめ魚が用意されている“釣堀”と例えると、ディスプレイ広告は魚がどこにいるのかわからない“海釣り”と言えるでしょう。

 当然、釣堀に比べ海には魚が圧倒的に多く存在します。つまり、きちんと正しいマーケティングを行うことで、従来とは比べものにならない数のユーザーに商品を購入を促すことが可能です。

 MZ── SEMやアフィリエイトとディスプレイ広告では、取り組み方は異なるのでしょうか?

 加藤:はい、全然違います。ディスプレイ広告は海釣りと言いましたが、日本のディスプレイ広告メニューは、それこそ海の如く約1万近くのメニューが存在し、掲載位置や値付けもばらばらです。

 そのような中、安価な枠も高額な枠も同時に複数購入し、地道に出稿を行い、時間をかけてその顧客や商品にとって何が最適なのか、効果検証を行った結果、最適なマーケティングのやり方が浮かび上がってきます。つまり、ディスプレイ広告の出稿は、広告主にとって多大なリスクが伴ってしまうのです。

 この多大なリスクを夜のギロッポンで例えてみましょう(笑)。自分が理想とするとびっきりの女性を、ギロッポンで見つけたいとしたら…。

 時間をかけて数あるお店を回り、お店の中で好みの女性を探しだし、やっと指名し話をしてから、フィーリングを確認するという手順を踏むことになります。すなわち、男性には多大な費用と時間がかかるというリスクが発生するのです。

 MZ──ギロッポンの視点は斬新ですね(笑)。レオさんの指摘について西山さんはどう感じますか。

 マイクロアドプラス西山(以下、西山):レオさんがおっしゃる通り、ディスプレイ広告の運用にはリスクが伴います。複雑で手のかかるディスプレイ広告をリスク少なく一元管理しようという考え方から登場したプラットフォームがDSPとなります。

 加藤:ディスプレイ広告を海釣りに例えましたが、「DSP」とは海釣りを行うために使用する「魚群探知機」のようなもの。今まで広告主がリスクを負って検証してきたステップを、DSPが代わりとなり最適な魚がいるところへ導いてくれる。

 ギロッポンで再度例えると(笑)、今までのように広大な夜のネオン街で、勘や経験値を用いて綺麗な女性がいる場所まで手探りで向かう必要がなくなる。熟練の遊び人じゃなくても、綺麗な女性がいる最適なお店にまではシステマティックに到達できるようになるわけです。

 DSPは、広告主にとってディスプレイ広告の運用におけるブレークスルーとなる可能性は多いに高いと感じます。

次のページ
マーケターの役割とは

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
進化するアドテクノロジー ― DSPを活用した次世代広告配信のすべて連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/01/24 11:00 https://markezine.jp/article/detail/14985

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング