SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ソーシャルメディアでは、「取得している情報」と「取得したい情報」にミスマッチ?

 IMJモバイルのモバイルナレッジラボは、昨年12月に、メールマガジンとソーシャルメディア(ツイッター、フェイスブック、ミクシィ)を通じて、企業・ブランドが発信する情報がどのように受容されているかを調査し、618名から有効回答を得た。

 メールマガジンとソーシャルメディアを比較すると、メールマガジンでは、取得している情報と、取得したい情報の間に乖離が少ないのに対して、ソーシャルメディアでは、取得している情報と、取得したい情報の間に大きな差が見られ、特に「クーポン情報」「プレゼント情報」「キャンペーン情報」で、その差が顕著となっている。

現在、メディアを介して取得している企業発信情報と、取得したい企業発信情報比較(複数回答)
左:メールマガジン【n=618】      右:ソーシャルメディア【n=613】
現在、メディアを介して取得している企業発信情報と、取得したい企業発信情報比較(複数回答)メールマガジン【n=618】ソーシャルメディア【n=613】

 しかし、「近隣の情報」についてはソーシャルメディアの方が、取得している・取得したいと思っているユーザーが、メールマガジンよりも多くなっている。また、ソーシャルメディアユーザーのフォロワー・友人数は「30人以下」が過半数を占め、フォロワー・友人数の多いユーザーほど「友人の投稿やコメント」など、リアルで自分とつながっている人の情報に影響を受けやすいことがわかった。

【関連記事】
フェイスブックのクチコミの信用度は、「リアルなクチコミ」に次いで2位
2011年度ソーシャルメディア広告市場、前年比110.5%で665億円規模
フェイスブックやツイッターなど複数SNSを管理・分析する 解析ツール「Social Insight」
Google+の参加年齢を13歳以上に引き下げ
mixiとDeNA、ソーシャルコマースで提携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング