MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ソーシャルメディアでは、「取得している情報」と「取得したい情報」にミスマッチ?

2012/01/27 19:25

 IMJモバイルのモバイルナレッジラボは、昨年12月に、メールマガジンとソーシャルメディア(ツイッター、フェイスブック、ミクシィ)を通じて、企業・ブランドが発信する情報がどのように受容されているかを調査し、618名から有効回答を得た。

 メールマガジンとソーシャルメディアを比較すると、メールマガジンでは、取得している情報と、取得したい情報の間に乖離が少ないのに対して、ソーシャルメディアでは、取得している情報と、取得したい情報の間に大きな差が見られ、特に「クーポン情報」「プレゼント情報」「キャンペーン情報」で、その差が顕著となっている。

現在、メディアを介して取得している企業発信情報と、取得したい企業発信情報比較(複数回答)
左:メールマガジン【n=618】      右:ソーシャルメディア【n=613】
現在、メディアを介して取得している企業発信情報と、取得したい企業発信情報比較(複数回答)メールマガジン【n=618】ソーシャルメディア【n=613】

 しかし、「近隣の情報」についてはソーシャルメディアの方が、取得している・取得したいと思っているユーザーが、メールマガジンよりも多くなっている。また、ソーシャルメディアユーザーのフォロワー・友人数は「30人以下」が過半数を占め、フォロワー・友人数の多いユーザーほど「友人の投稿やコメント」など、リアルで自分とつながっている人の情報に影響を受けやすいことがわかった。

【関連記事】
フェイスブックのクチコミの信用度は、「リアルなクチコミ」に次いで2位
2011年度ソーシャルメディア広告市場、前年比110.5%で665億円規模
フェイスブックやツイッターなど複数SNSを管理・分析する 解析ツール「Social Insight」
Google+の参加年齢を13歳以上に引き下げ
mixiとDeNA、ソーシャルコマースで提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5