SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

さくらインターネット、オフィスのIT環境をまるごとアウトソースする「ビジネスホスティング」提供開始

 さくらインターネットは、メール、グループウェア、ファイルサーバ、PCのデスクトップ環境などのオフィスの業務環境を、データセンターにアウトソースできるサービス「ビジネスホスティング」の提供を7月31日から開始する。

 「ビジネスホスティング」は、利用者ごとに専用のシステム環境を用意し、オフィス内の各クライアントPCに分散している様々なデータやアプリケーションをシステム上で一元管理することを可能にするサービス。「Exchange」「セキュア・ファイラー」「リモート デスクトップ」という3つのアプリケーションと、データ保存領域として無制限、不停止で拡張可能なSANストレージを提供する。

 「Exchange」は、Microsoft Exchange Serverを採用したメール、グループウェア機能で、各利用者専用のサーバ環境となっている。データは利用するクライアントPCではなく、すべてさくらインターネットのデータセンター内に保存されるため、クライアントPCが変わっても、メールボックスはまったく同じ状態でアクセス可能。また、メールのウイルスチェックもデータセンター側で行われる。

 「セキュア・ファイラー」は、チアル・アンド・アソシエイツのファイルサーバ「セキュア・ファイラー」を採用したファイルサーバ機能で、高度なファイル監視機能や、堅牢な暗号化技術と認証システムを備えている。文書ファイルの閲覧、印刷、変更、コピーなどの操作をユーザごとに制御可能で、必要なユーザーにだけ機密情報へのアクセス許可を与えることができる。

 「リモート デスクトップ」は、利用者専用のサーバで構築したMicrosoft Windows Server 2003上に、ユーザーごとのデスクトップ環境を構築して提供するサービス。手元のクライアントPCからサーバにアクセスするだけで、どこからでも同じデスクトップ環境で業務が行えるうえに、データはクライアントPCには保存されないため、情報漏えいのリスクなどを大幅に軽減できる。リモートデスクトップに接続できる端末であれば、Windowsだけではなく、Mac、Linuxなど幅広いOS、ハードウェアでの利用が可能となっている。

プレスリリース:「「ビジネスホスティング」サービス開始に関するお知らせ」(PDF)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/07/27 09:00 https://markezine.jp/article/detail/1527

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング