SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

OKIとリクルート、会話で掘り下げる「ラダリング型検索サービス」を共同開発

 沖電気工業(通称 OKI)とリクルートは、システムがユーザーに質問を投げかけることで、キーワードや表現を引き出し、ユーザーが本当に求めている情報を引き出す「ラダリング型検索サービス」の共同開発を開始したことを7月26日に発表した。両社は今年度中に本サービスの基本部分を開発し、転職者向け職業紹介に応用した実証実験を行う。

 「ラダリング」とは、相手との対話の中で徐々に掘り下げた質問を繰り返すことにより、相手のニーズや価値観を引き出す手法のこと。OKIは、自然言語処理技術・対話技術・専門用語獲得技術・機械学習技術における蓄積を活かして、ユーザーとテキストで対話しながら検索対象とのマッチングを行う「ラダリング対話エンジン」を開発。リクルートはラダリング手法のプロフェッショナルとして、転職者向け職業紹介ドメインおよび住宅情報紹介ドメインの実証実験を通して「ラダリング型検索サービス」におけるラダリング手法の検討・設計を行う。

 公開された資料では、自分に合った転職情報を検索する画面(開発中)とそのプロセス掲載されており、実際の検索の過程はコンピュータと検索者の間で交わされる会話形式になっている。コンピュータが「お名前は?」と尋ねると、検索者が「村田です」と答えるところから始まり、希望職種や雇用条件などをさらに引き出していく。対話に応じてマッチングしている求人データが変化し、最終的に希望とマッチする求人データをユーザーにナビゲートする。

 このサービスは、経済産業省の平成19年度「情報大航海プロジェクト(モデルサービスの開発と実証)」に次世代検索・解析技術のモデルサービスとして採択されている。

プレスリリース:「OKIとリクルート、次世代型「ラダリング型検索サービス」の共同開発を開始」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/07/27 10:37 https://markezine.jp/article/detail/1528

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング