SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤフー、大きなサイズのディスプレイ広告を10月からスタート、アド・ネットワークも強化

 ヤフーは2007年10月から、主力のディスプレイ広告をリニューアルし、より大きなサイズで効果も高い広告枠「プライムディスプレイ」を導入するとともに、毎日新聞社の「mainichi.jp」(10月公開予定)や産経デジタルの「イザ!」など強力なパートナーサイト9媒体を新たに迎えることでアド・ネットワークをさらに強化することを発表した。

 新しいディスプレイ広告「プライムディスプレイ」は、横300ピクセル×縦250ピクセルの大きなサイズに加えてコンテンツ内に配置が可能なことから、サイト来訪者の注目をより集めやすいという特徴がある。テスト運用においては、注視率、注視時間、注視回数、広告効果のいずれについても、従来のページ最上部に掲載していた横長の「スーパーバナー」(横728ピクセル×縦90ピクセル)と比べ「プライムディスプレイ」の方が優れているという結果が出ているという。ヤフーは、「プライムディスプレイ」を、Yahoo! JAPANのトップページを除く各サービスページや、アド・ネットワークのパートナーサイトに掲載する主力の広告枠として活用していく。

「プライムディスプレイ」のサイズは
横300×縦250ピクセル(実寸)。

 また、10月からアド・ネットワークに加わるパートナーサイトは、「mainichi.jp」、「イザ!」、「ゴルフダイジェスト・オンライン」、「レスポンス」を含む9媒体。これによって、リーチ(到達率)、インプレッション(広告表示回数)の拡大をねらう。ヤフーでは今後、アド・ネットワークでの行動ターゲティング広告展開を広げ、10月から主力の「プライムディスプレイ」だけでなく、テキスト広告もネットワーク行動ターゲティング広告のスペースとして活用するとしている。

プレスリリース:「ディスプレイ広告のリニューアルとアド・ネットワークの強化について」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/08/01 12:15 https://markezine.jp/article/detail/1548

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング