SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

好調のミクシィ2007年1Q決算、mixi事業の売上の92%が広告収入

 今年5月にユーザー数が1,000万人を突破したSNS「mixi」を運営するミクシィの2007年第1四半期の決算発表が7月31日に行われた。

 第1四半期の売上高は21億4,928万円(前年同期比143.9%増)、営業利益は9億1,122万円(同101.4%増)、経常利益は9億1,389万円(同101.9%増)、純利益は4億9,642万円(同88.6%増)と、この1年の躍進ぶりをうかがわせる結果となった。

 ミクシィの収益の柱は、SNSサイト「mixi」とインターネット求人広告「Find Job!」の2つ。昨年末からモバイル対応サービスを開始した「mixi」事業の第1四半期の売上高は18億1,566万円(前年同期比227.3%増)で、うち広告売上高は16億7,122万円(同243.8%増)、プレミアム会員料金による売上高は1億4,443万円(同110.4%増)となった。ターゲティング広告やSNS機能を活用したタイアップ広告の販売の好調が成長の大きな要因となっているようだ。また「mixi」の月間ページビューは、パソコン経由が約64億PV、携帯電話経由が約52億PVとなっており、「mixiモバイル」の急激な伸びも注目される。

 また、IT系の求人情報に特化した「Find Job!」事業は、「mixi」を活用することによって、費用対効果をアップした結果、第1四半期の売上高は3億3,300万円(前年同期比2.2%増)となった。これによって、「mixi」を展開するインターネットメディア事業と「Find Job!」を展開するインターネット求人広告事業の売上構成比は、84.5%対15.5%。前年同期の63.0%対37.0%と比較してもわかるとおり、mixi事業の急成長がいっそう鮮明なものとなった。

参考:「平成20年3月期 第1四半期財務・業績の概況(非連結)」(PDF)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/08/01 16:31 https://markezine.jp/article/detail/1554

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング