SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

エキサイト、インドネシア初のポイントプログラム・サイト開設

 エキサイトのポイントプログラム「エキサイトポイント」は、会員登録、商品の購入、アンケートへの回答など、オンラインでの活動を通じてポイントを獲得することができる。今回、エキサイトは、伊藤忠商事およびインドネシアのシナルマス・グループと共同で、インドネシア初のポイント・プログラム・サイト「エキサイトポイント」を開設した。

 ポイントとの交換対象は、ポイント・プログラムに参加している企業の商品やサービス。サービス開始当初は、シナルマス・グループ傘下のモバイル通信キャリアであるスマートフレンの無料通話・無料データ通信などとも交換可能になっており、携帯電話契約者の90%以上がプリペイド契約のインドネシア市場では利用者に大きなメリットを提供できるとしている。

 エキサイトによると、現在インドネシアでは、航空会社のマイレージやクレジットカード会社のポイントなど、自社のマーケティング活動として提供しているポイント・プログラムはあるが、ポイント・プログラムに参加する企業から「広告費」として、ユーザーに付与するポイントの原資を確保するモデルは確認できておらず、このようなモデルとしてはインドネシア初のポイント・プログラム・サイトとなる。

【関連記事】
楽天、中国市場から撤退
ソフトバンク、スマホ向け有料コンテンツの支払いにポイントが利用できるサービス
マルイ、買物しなくてもポイントがたまる「スマポ」導入
住友商事、中国・インドネシアでeコマース事業
伊藤忠、中国テレビ通販大手ラッキーパイに出資

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/06/08 10:40 https://markezine.jp/article/detail/15813

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング