SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

国立国会図書館、納本制度に準じてオンライン資料の送信を義務付け

 6月8日の衆議院本会議、15日の参議院本会議で、国立国会図書館法の一部を改正する法律が可決された。この改正は、オンライン資料が文化財として重要な地位を占めるようになってきたことを踏まえてなされたもの。従来の納本制度に準じて、私人が出版するオンライン資料について、国立国会図書館への送信等を義務付け、送信等で必要となる費用を補償する。

 改正法では、国立国会図書館または、送信等の義務を負う者がオンライン資料を複製することができるように著作権法の改正を行うとしている。有償または「DRM(Digital Rights Management System 技術的制限手段)」が付されたものについては、現在、費用補償に関する検討などを行っており、当分の間、資料送信の義務を免除するとしている。施行日は平成 25年(2013年)7月1日。

【関連記事】
リクルート、電子版『週刊じゃらん』を無料リリース
TSUTAYAの電子書籍サービス、PC向けにサービス開始
堺市立図書館、電子書籍提供サービス開始
「国立国会図書館サーチ」試験公開、ツイッターに投稿しやすく、アマゾンへのナビゲートも
思わず図書館に行きたくなる蔵書検索サービス 「カーリル」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/06/19 13:30 https://markezine.jp/article/detail/15887

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング