SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ゆめみ、ゲーミフィケーションを取り入れたエンゲージメント・プラットフォーム「Sprocket」

 ゆめみが提供を開始した「Sprocket」は、企業が運営するWebサイトのファンを増やすためのエンゲージメント・プラットフォーム。Webサイト上のユーザー行動情報を記録・蓄積し、その分析を行うことで導入企業のサイトの各ユーザー行動単位、イベント・リワードのグループ単位での活性化状況など、従来のマーケティングツールやコンサルティングでは行えなかったエンゲージメント分析を実現する。

 こうした分析結果を踏まえて、よりエンゲージメントを高めるための行動を促進するイベント・リワードのデザインも可能となっており、ポイント、バッジ、レベル、ランキングといった基本的なリワードを提供。今後は、よりソーシャル性を高めたイベントやクーポン・サイト内ポイントといったサービス固有のリワードとの連携も強化していく。また、より高度な分析を行うための「Sprocket EA+」、より高いゲーム性を有するオプション群である「Sprocket PC+」といった拡張機能の提供も予定している。

 また、スキンケア化粧品、健康食品を全国販売しているドクターシーラボが、「Sprocket」のファーストユーザーとして、企業サイト内で導入。サイト内でのユーザーの行動に応じてビンゴが進行する施策を展開している。

【関連記事】
楽天Kobo社、電子書籍端末「kobo Touch」にゲーミフィケーション要素も
2014年までにGlobal 2000企業の7割以上が「ゲーミフィケーション」されたアプリを導入
ポイントプログラム「FanGager」でFacebookページにゲーミフィケーション要素
「ゲーミフィケーションカンファレンス 2012」6月開催
ゆめみとドンキホーテ、ゲームアプリ「MyTown」とレシート広告を連動させたキャンペーン

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/07/05 14:00 https://markezine.jp/article/detail/16018

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング