SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

はてな、動画サービス「Rimo」の存続について微妙な発表

 はてなは、YouTubeの人気動画を手軽に視聴できる動画サービス「Rimo(リィモ)」を、8月8日に全面リニューアルした。ユーザーインターフェース、デザインを大幅に変更し、画面やリモコンを一新。さらに既存の「ユーザーチャンネル」を拡張した「Rimo放送局」を開設した。

 新しく登場した「Rimo放送局」は、ユーザーがYouTubeの動画を集めて投稿したり、並べ替えることによってチャンネルを編集して公開するもの。これまで提供していた「ユーザーチャンネル」は、ほかのユーザーが追加・更新を行うことができなかったが、「Rimo放送局」のチャンネルは、誰でも追加・更新・リクエストができる。また、「クラシック初心者にお勧めの動画を教えて」「競馬の名シーンをまとめて見たい!」といったリクエストによって、情報を持っているユーザーからお勧めの動画を教えてもらい、チャンネルを充実させることも可能。作成されたチャンネルはすべて無料で誰でも閲覧ができる。

 ただし、はてなは今後の方針として、「Rimo」については、ユーザーの利用状況を鑑みながら、本年8月末を目処にサービスの将来性について検討を行い、サービス開発の存続を含めた今後の展開を考える方針だという。「Rimo」は、2007年2月のサービス開始から約半年で、ユーザーが動画を再生した延べ回数が、8月8日時点で約5千万回に達している。

プレスリリース:「はてな、動画サービス「Rimo」を全面リニューアル」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/10/05 21:38 https://markezine.jp/article/detail/1608

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング