SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ブレインパッド、Hadoopフレームワーク「Huahin Framework」をオープンソースとして公開

 「Huahin(ホアヒン) Framework」は、大規模データをHadoopで分散処理する際に記述するMapReduceプログラムをシンプルに実装できるコンポーネントを備え、ジョブ管理も可能なフレームワーク。

 昨今の大規模データ分析のニーズから、Hadoopは複数のマシンに分散して処理できるオープンソースソフトウェアとして注目を集めている。しかし、ネイティブな「Hadoop MapReduce」を実装することは容易ではなく、開発とテストのコストがかかることが課題となっていた。開発者は「Huahin Framework」を用いることで、従来の約1/3~1/5の工数で「Hadoop MapReduce」を開発することが可能となる。

【関連記事】
ドラッグ&ドロップでマーケティングプランを作成できる「Customer Intelligence」
「Sybase IQ」がHadoopやR言語と連携、PMMLもサポート
SASがHadoopに対応、ビッグデータ分析をリード
ブレインパッド、自然言語処理エンジン「Semantic Finder」提供開始 
IBM、ソーシャルの書き込み数億件を一括分析できる非構造化データ分析ソフトを発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング