SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ツイートがショッピングに及ぼす影響は?

 米Twitter社は、米Compete社と連携して、ツイートが米国の消費者にどのような影響を及ぼすかを調査。7600人のユーザーと700以上の小売店を対象に、新学期シーズンにおけるウェブサイトの訪問と購買行動を分析した。

 その結果、Twitterを使っている人は小売店のウェブサイトをよく訪問し(95%)、一般的にインターネットを使っている人(90%)と比較して高いスコアを示した。また、調査期間、インターネットを利用している人の27%が小売店のウェブサイトから商品を購入。これに対して、Twitterを使っている33%の人が小売店のウェブサイトから商品を購入し、小売店のツイートを見た人の39%が商品を購入。すべてのカテゴリの小売店において、一般的にインターネットを利用している人と比較し、Twitterを利用している人は1.2倍、1.4倍の商品購入があることがわかった。

 また、小売店のツイートをより多く見るほど、サイトを訪問し商品を購入する傾向が高く、小売店からのツイートを12回以上見たTwitterの利用者は、最低1回以上見た人と比較して、その小売店から商品を購入する傾向が32%高くなっている。Twitter社はこの調査結果 "Tweets in Action: Retail” をPDF(英語)で公開している。

【関連記事】
ツイッター、プロモ商品で地域ターゲティングが可能に
米国モバイル広告売上今年度トップ3はグーグル、パンドラ、ツイッター
LINE、ユーザー数世界7,500万人を突破~スペインと南米のユーザー急増
ヤフー、ツイッターの「注目のキーワード」をトップページに掲載
Yahoo!ショッピング 2012 年間ランキング、“オモカサ”商品が1位

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/12/03 11:30 https://markezine.jp/article/detail/16863

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング