SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

Facebookマーケティングマネージャーが解説する「Facebookブランディング」入門講座

成功したFacebookキャンペーンを分析!(事例その3)
Why Care, Why Share: 日本発の事例から学ぶ、生活者が参加し、共有したくなるコミュニケーション

 今回は、日本発のFacebookキャンペーン事例をご紹介します。大量の情報があふれる現代、受け手である生活者が注意を向け、共有したいと思う情報とは何か? 今回の事例は、ブランドコミュニケーションで大切な2つのポイント"Why Care ?"と"Why Share ?"について教えてくれます。

世界中のキャンペーン事例から、日本発の作品を紹介します

 Facebook Studioのギャラリーには、世界各国の広告主や代理店が取り組んだ、様々なアイデアを凝らしたキャンペーンの事例が紹介されています。この中には日本の事例もいくつか登録されています。今回はその中から、特に皆さんに意識していただきたいポイントの入った事例をご紹介したいと思います。

Facebook StudioのGalleryページ
Facebook StudioのGalleryページ

 前回に引き続き、先のad:tech Tokyo 2012に登壇したFacebook社のクリエイティブソリューションディレクター、Mark D'Arcyがお話した内容から振り返ってみましょう。

ブランドコミュニケーションで重要な "Why Care ?" と "Why Share ?"

 現在、生活者を取り巻く情報環境はめまぐるしく変化しています。それに伴ってブランドから生活者に向かっての情報発信も変わっていくことが求められています。Facebookはその大きな変化の一部にしか過ぎません。この、Facebookも含めたさまざまなチャネルにおける情報のやり取りの傾向は、以下3つのポイントを踏まえて変わっていくことになるでしょう。

  • 割り込んでいく情報発信から、つながりを作る情報発信へ
  • 検索エンジンでみつける情報から、偶然の発見によって出会う情報へ
  • ヘビーな 情報量のものから、よりライトウェイトな情報へ

 こうした環境の変化の中で、ブランドが生活者に情報発信をする際には、"Why Care ?"、"Why Share ?"の2点を意識することが重要になってきます 。すなわち、果たしてその発信しようとしている情報は、受け手である生活者にとって、洪水のように押し寄せるあまたの情報の中からとりたてて注意を向ける必要があるものなのか?という問いであり、さらには、生活者がその情報に注意を向けただけでなく、彼/彼女がハブとなって、彼らのネットワークでその情報をシェア(共有)していく価値があるものなのか?という問いです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ポカリスエットが用意した、思わずシェアしたくなる質問

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
Facebookマーケティングマネージャーが解説する「Facebookブランディング」入門講座連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

須田 伸(スダ シン)

須田伸(すだ・しん) Facebook Marketing Manager早稲田大学政治経済学部卒業後、1992年株式会社博報堂入社。CMプランナー/コピーライターとして「ACC賞」「日経広告賞」「消費者のためになった広告コンクール」などの広告賞を受賞。 1998年カンヌ国際広告祭ヤングクリエイテ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/12/06 11:00 https://markezine.jp/article/detail/16874

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング