SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

JTB、2013年の旅行動向見通し発表~週末3連休3回増加の影響は?

 JTBは、2013年の旅行市場についての見通し調査の結果を発表した。当調査は、1泊以上の日本人の旅行(ビジネス・帰省を含む)と訪日外国人について、各種経済動向予測、旅行消費者購買行動調査、観光関連動向等から推計したもので、1981年の調査開始以来33回目。

1、レジャー・旅行への意欲は堅調に推移

 日本経済は東日本大震災からの復興需要と堅調な個人需要が下支えした中で、緩やかな回復が見込める状況にある。しかしながら、このところの世界経済の減速を背景に、為替動向や、欧州、中国などの対外経済環境の先行きは不透明である。

 内閣府の「国民生活に関する世論調査」の「これからの生活の力点」の推移は、レジャー・余暇生活は2010年を底に、食住より高い比率で上昇している。これは単純に震災後の反動だけではなく、リーマンショック以降の「巣ごもり消費」から外に目が向きつつあることに加え、地デジ化やエコポイント、エコカー減税などの先取り消費が一段落した背景も考えられる。

 2013年前半も引き続きレジャー・旅行への前向きな消費意欲は持続すると予測するが、後半からは、2014年4月からの消費税引き上げが確定すれば、耐久財などへの支出に一部回る可能性もある。

2、週末3連休は3回増加、旅行者数は国内・海外とも2012年を上回る

 2013年の旅行者数は、国内は+0.3%、海外は+1.5%程度で2012年を上回る見込み。総旅行人数は+0.4%に増加する。2013年の日並びに関しては、GW・正月を除く週末の3連休が8回と2012年より3回多くなる。

 GWは4月30日(火)から5月2日(木)まで平日が3日間入るため、前半3連休と後半4連休に分かれる形となり、前半のみ、後半のみと合わせて、連休の合い間の平日に休みを入れて旅行する人も増えると考えられる。

 旧盆時期は8月13日(火)~8月15日(木)が週の真ん中に位置するため、12日(月)や16日(金)の1日を休むことで5日連続の休みを取る人も増えそうだ。

海外旅行意欲は引き続き高く、LCCの国内外路線拡大で航空機利用の旅行が身近な存在へ

 2013年前半の為替レートについて1ドル80円台後半を予測する経済研究機関も増えてきているが、円高基調には変わりなく、海外旅行意欲は引き続き高い。また国内および海外へのLCCの運航路線も拡大する。

 日並びに加え、安価な航空運賃により、航空機を利用した観光旅行はさらに身近なものとなり、旅行先の選択にあたって国内と海外を比較検討する人も増えそうだ。

2013年も団塊世代の完全退職者層マーケットに注目

 団塊世代が65歳に達する2012年以降、完全退職者は順次増加していく。完全退職者が増加することで、60代の国内旅行や海外旅行の増加が予測され、2013年も完全退職者層マーケットが注目される。

【関連記事】
グーグル、2012年旅行系キーワード検索動向発表~検索ボリュームは前年比15%増
「旅行」関連の人気サイトランキング(2012年10月)
JTB、円高が海外旅行に与える影響調査結果を発表
JTB、ソーシャル旅行サービス「共感トラベラー」スタート
日本への関心が最も高いのは「旅行・自然」、「コンテンツ」は最下位

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/12/28 12:37 https://markezine.jp/article/detail/17003

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング