SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

コマースリンク「DFOマネージャー」、CRITEOのリターゲティング広告に対応

 コマースリンクは、同社が提供する商品データフィード管理ツール「DFOマネージャー」の集客チャネルとして、CRITEOが提供するリターゲティングディスプレイ広告「Personalized Retargeting Solution」に対応した。

 「DFOマネージャー」は、ECサイトが商品検索・価格比較サイト、アフィリエイト広告、リターゲティング広告などの集客チャネルを利用する際に、必要となる商品データの作成・最適化・更新を容易かつタイムリーに実行することができる、クラウド型データフィード管理ツール。

 リターゲティング広告とは、購買の意欲が高いユーザーに対して再度本サイトへの訪問を促すソリューション。「Personalized Retargeting Solution」は、ユーザー一人一人のサイト上での商品閲覧履歴および購入履歴に基づいて、個々にカスタマイズしたユニークなバナーを配信し、従来のリターゲティングと比較して6倍の広告効果を実現する。

 これにより、「DFOマネージャー」を利用することで、CRITEOの同サービス導入時に必要となる商品データの作成・最適化が容易になる。さらに更新作業を自動化することで、常に最新の商品情報を広告に掲載することが可能に。

【関連記事】
マリンソフトウェア、CRITEOとの提携を日本に拡大
オプト、「ADPLANワンタグ」とCRITEOのパフォーマンスディスプレイ広告連携開始
GDO、ブレインパッドと共同開発「Rtoaster Ads」でリターゲティング広告をサイト内外へ配信
コマースリンク「DFO」、「カスタム・リターゲティング」と連携開始
イグニッションワン、高精度のリターゲティング広告配信サービス「スマートリターゲティング」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング