SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2012年度国内タブレット出荷台数、前年度比60.2%増【国内スマホ・タブレット市場調査】

 矢野経済研究所は、携帯電話及びタブレットの国内市場に関する調査を実施した。

 2012年度の国内ハンドセット(フィーチャーフォン及びスマートフォンの合計)出荷台数は前年度比1.9%増の3,947万台。フィーチャーフォンが前年度比57.4%減の638万台に対し、スマートフォンは前年度比39.2%増の3,309万台と予測。当面は複数所有に伴うスマートフォン需要が市場を牽引するが、こうした需要も一段落し、2013年度以降は既存ユーザーの代替需要に移行するだろう。

 一方、2012年度国内タブレット出荷台数は前年度比60.2%増の422万台と大幅な拡大を予測。タブレットはディスプレイサイズを除き、スマートフォンと機能面における差別化が難しい製品ともいわれるが、今後は7インチサイズを中心としながらも、より大きなディスプレイを搭載するタブレットへの関心が高まるだろう。

【調査概要】
調査期間:2012年9~12月
調査対象:国内携帯電話メーカー、海外携帯電話メーカー(日本法人)、国内移動体通信サービス事業者、国内携帯電話メーカー、国内部品メーカー、業界団体等
調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリングならびに文献調査併用

【関連記事】
世界のタブレット出荷台数、2015年にノートPCを上回る 【矢野経済研究所 調査】
タブレット型端末、52%の企業が導入に積極的 理由はペーパーレス化によるコスト削減
スマホでのネットショッピングは13%程度【ライフメディア調査】
スマホでのクーポン利用者、50%超え【モバイル利用動向調査】
モバイルネイティブの10代、スマホからのネット利用は1日2時間以上【ADK調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/02/01 14:00 https://markezine.jp/article/detail/17152

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング