MarkeZine(マーケジン)

記事種別

コーヒーの「コク」「香り」「酸味」のデータから新たな評価軸を生み出すには? Excelで相関係数行列、固有値と固有ベクトルを求める

2013/02/25 08:00

 マーケティングにはプル型、プッシュ型2つのリサーチが欠かせません。プッシュ型リサーチの代表「アンケート」を効果的に活用するため、ビジネス統計を学びましょう。

今回は「相関係数行列」と「固有値と固有ベクトルの求めかた」をやります

 主成分分析シリーズ、第3回。前回は、データを基準化するところを学習しました。今回は、手順2「相関係数行列」と手順3「固有値と固有ベクトルの求めかた」をお伝えします。

 復習すると、主成分分析とは、情報の損失をなるべく少なくしながら、より少ない変数でデータの特色をつかむことができるように新しい変数(合成変数)を作り出す分析のこと、手順1のデータの基準化は、単位などが揃っていない場合も共通のモノサシできるようにすることでした。

1.変数の単位を揃えるためにデータを基準化する

データはすべて架空です。実在のものとは全く関係ありません。

2.基準化したデータの相関係数行列を求める

3.相関係数行列の固有値を固有ベクトルを求める

4.分析結果の精度を確かめる

5.主成分得点を求め、散布図を描く

 まずは相関係数行列から求めていきましょう。

カンに頼らない! 2015年8月26日「Excel徹底活用!アンケート設計と分析」講座開催

Webの記事を読むのもいいけれど、リアル末吉正成さんに会って直接講義を受けませんか?

「プッシュ型リサーチの代表「アンケート」を効果的に活用するために必須の、ビジネス統計を学びます。論理的なアンケート設計、マーケティングに必須の統計の知識、Excelを使ったデータ分析の三本柱を身につければ、あなたも明日からデータに強いマーケターになれるはず!

★☆★「Excel徹底活用!アンケート設計と分析」講座の詳細・お申し込みはこちら★☆★

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5