SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

音楽もYouTubeもGoogleも楽しめる「iPod touch」にネットが騒然

 米Appleは、9月5日、iPhoneライクなインターフェイスを持つ「iPod touch」を含む新製品と新サービスを、スティーブ・ジョブスCEO自ら紹介するイベントが行われた。

 当日発表されたのは、新しい「iPod nano」と「iPod classic」そして「iPod touch 」。特に注目されたのがAppleの携帯電話iPhoneと同じマルチタッチインターフェイスを持つ「iPod touch」。iPhoneと同じ感覚でスクリーンにタッチして操作することができるうえに、iPhoneより8mm薄いコンパクトなボディに仕上がっている。さらに、iPodでは初めてとなるWi-Fi機能搭載によってとブラウザの「Safari」と連携して、ネットサーフィンやYouTubeビデオも手軽にに楽しめる。

 iPod touchは8GBモデルと16GBバイトモデルの2種類が用意され、米国ではそれぞれ299ドル、399ドルで販売。日本のApple Storeでもすでに予約が始まっており、 価格は8GBモデルは36,800円、16GBモデルは48,800円となっている(いずれも税込)。

アップルの「iPod touch」の製品紹介ページ。

 このWi-Fi機能を活かして、Appleは「iTunes Wi-Fi Music Store」もスタート。iPod touchあるいはiPhoneにネットで購入した音楽を直接ダウンロードして楽しむことができる。また、パソコンやMacににiPod touochまたはiPhoneを接続すると、ダウンロードした音楽をiTunesのライブラリに登録することもできる。

 キーノートでは、そのほかにもiPhoneの着メロ販売サービス「ringtones」が紹介され、話題間内の発表当日の模様がはやくもYouTubeで公開されて話題となっている。

プレスリリース:
「アップル、iPod touchを発表」
「アップル、iTunes Wi-Fi Music Storeを発表」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/09/12 18:35 https://markezine.jp/article/detail/1718

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング