SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オプト、ASEANのアドネットワーク企業「CDA」子会社化

 オプトは、Catcha Digital Asia PTE(以下、CDA社)の株式を取得し、子会社化したことを発表した。CDA社のCEOには元Apple APACのオンラインマーケティング総責任者であった菊永満氏が就任する。

 CDA社は、マレーシアの投資グループCatcha Groupが2009年12月に設立し、シンガポール・マレーシア・インドネシアを中心とした13か国でアドネットワーク事業を展開している。

 オプトは、インターネットの広告代理事業やDMP(データマネジメントプラットフォーム)事業を手掛けており、これまで韓国や中国で海外事業を展開してきた。そして新たにASEAN地域に本格進出をするため、CDA社をオプトグループに迎えた。

 今回、オプトはCDA社の株式90%分を取得。日本から検索連動広告やターゲティング広告などの「運用型ネット広告」の専門スタッフを派遣する。

 これによりCAD社のアドネットワーク事業拡大、及びネット広告代理事業導入を行い、Catcha GroupのメディアをはじめとしたASEAN各国のクライアント、および同地域に進出する日本企業にネットマーケティングサービスを提供していく。

 なお、オプトは、ASEANを海外事業の重要地域に定め、今後もグループ資源を積極的に投資していく計画。2016年の海外事業売上目標は100億円を目指す。

【関連記事】
電通など、アジア太平洋地域向けテレビチャンネル開設~日本コンテンツ市場の拡大が狙い
アジアを中心とした海外ブランドを発信するセレクトショップ「ZOZOCONNECT」
アジア太平洋地域各国利用率トップSNS発表~日本の首位はMixiからTwitterへ
アジア太平洋地域テクノロジー企業成長率ランキング発表~日本企業gumiが7位に
アジア太平洋地域、スマートフォン人口が急増 位置情報サービスが今後のカギ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/03/18 11:00 https://markezine.jp/article/detail/17438

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング