SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

クラウドソーシングは個人の新しい働き方として定着するか?【クラウドワークス調査】

 クラウドワークスは、クラウドソーシングの利用動向調査の結果を発表した。同社が運営するエンジニア・クリエイターのためのクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」は、サービスリリースから1年で、登録者数は2万人を超える。仕事の予算総額は11億円を突破し、5,000以上の企業が活用している。

 クラウドワークスの利用者の63%は35歳未満であり、若い世代を中心に活用されている。そして利用者の8割以上のメンバーが個人・フリーランスとして働いている。個人の新しい働き方として、また企業の受注先を探す場として、クラウドソーシングは幅広く利用されているようだ。

 またメンバーの6割以上が東京以外に在住しており、オンラインで契約から納品まで完結する特徴を生かして、多くのメンバーが場所にとらわれない働き方を体現している模様。

 しかしながら、時間を自由に使えるフリーランスでも、6割以上の人が週に5日以上仕事をしている。時間を自由に使えるとはいえ、しっかり働いている人が多いようだ。また、フリーランスの平均年収は431万円となり、民間企業平均409万円を上回った。そして年収1,000万円以上の人も10%を超えるという結果になった。

【調査概要】
調査期間:2013年3月~14日
調査対象:クラウドワークス登録者21,980名
有効回答数:410件
年齢:10~70代
男女比:6:4

【関連記事】
クラウドワークス、「Yahoo!クラウドソーシング」と連携スタート
「ありがとう」の代わりにお菓子を渡す 【電通総研「イマドキの若者の感謝の伝え方」調査】
「タダ・安価でできる」がハマりやすさのポイント、消費の総“交際費”化も
若者のテレビや雑誌離れの実態が明らかに【ジャストシステム調査】
「ノマドワーカー」に憧れる若者の仕事観

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/03/21 12:30 https://markezine.jp/article/detail/17463

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング