SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スティーブ・ジョブズ感激、iPhone早々に100万台突破

「100万台のiPhoneをわずか74日間で・・・iPodでは実に2年かかって達成した大台です。今年のホリデーシーズンに、さらに多くのお客様のもとにこの画期的な製品をお届けできることが今から楽しみでなりません」と、アップルのCEO(最高経営責任者)、スティーブ・ジョブズが報道資料で喜びの声を発したのも無理はない。携帯電話を再定義する覚悟でつくられた次代のアップルの核となる商品が、6月29日の販売開始以来、わずか74日目で100万台突破を突破したのだから。

販売台数が100万台に達したiPhone


 iPhoneは、携帯電話、ワイドスクリーンのiPod、インターネット機という3つの機能がひとつに統合された製品。アップルの革新的なマルチタッチインターフェースとソフトウェアの組み合わせにより、ユーザーはただ指で画面をタップ(たたく)、フリック(はじく)、ピンチ(つまむ)するだけでiPhoneを使いこなすことができる。

 iPhoneはiPodなどで若者を中心に絶大の人気を誇るアップルからの携帯電話ということで、発売前から注目され、発売数時間前には米国の各地域のアップルストアーには長蛇の列ができた。気になる日本国内での販売だが、アップルは、「アジアでの展開は2008年の予定」としている。

プレスリリース:アップル、100万台のiPhoneを販売


この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/10/05 20:11 https://markezine.jp/article/detail/1753

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング