SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

聴き放題の定額制音楽配信サービス「Google Play Music All Access」発表、Google+が進化したPinterestっぽいUIに

 今回で6回目となる「Google I/O」では、AndroidとChromeというふたつのプラットフォームを中心に、Googleの新たな取り組みが発表された。

 「Google Play Music All Access」は、1か月9.99ドルの定額料金を支払うと、何百万もの楽曲が聴き放題となる定額制音楽配信サービス。好きなアーティストの音楽を聞いたり、専門家がおすすめする音楽を楽しめるほか、お気に入りの曲をGoogle+で共有することもできる。2万曲までクラウド上に保存可能となっており、PCやモバイル端末がアクセスすることができる。最初の1か月は無料。6月30日までに利用を開始した人は7.99ドルで利用できる。

 また、SNS「Google+」では、画面を最大3つまでのカラムに分割することが可能となった。それぞれの投稿は、Pinterestに見られるような小さなカードとして表示され、3カラムぶち抜きで表示すると、写真や動画を大きく表示することができる。また、ひとつひとつのカードは単に投稿を表示するだけでなく、表示内容を切り替える機能が与えられており、クリックすると裏返ったりする動きも楽しい。

 ブラウザ「Chrome」では、モバイル端末のために、スピード、シンプルさ、セキュリティを改善。また、次世代のビデオコーデック「VP9」のデモンストレーションも行われた。

【関連記事】
ドコモ、月額980円でスマホ向け音楽聴き放題サービス
Spotify、メキシコ・香港・マレーシア・シンガポールに進出
DeNA、スマホ向け音楽プレイヤー「Groovy」iOS版提供開始
携帯電話で音楽を聞いている女性は4割以上
世界の音楽売上、13年ぶりにプラス、日本は2位【IFPIレポート】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング